Maca Select Navigation
男性にも女性にもお薦め♪
マカの選び方を徹底ナビゲーションします(^^)/

マカとシトルリンとアルギニン

シトルリンは、ウリ科の植物に含まれている日本で発見されたアミノ酸の1つです。
シトルリンは身体の中に入ると、アルギニンに変換されるのですが、そのときに一酸化炭素を作り出します。
その一酸化炭素が血管内に入ることで、血管が拡張され血の流れが良くなります。
しかし、シトルリンのその効果は、運動や食事が伴わないと、効果が上がらない性質があります。
ですから、滋養強壮の効果が高いマカと一緒に摂取することで、シトルリンの血管拡張、血流促進の効果を上げることができます。

そして、マカにもアルギニンが含まれているので、シトルリンと一緒に摂ることで、より多くのアルギニンを身体の中に摂り入れることができます。
アルギニンはシトルリンと同様、アミノ酸の1つです。
ただ、アルギニンは、そのままで身体の中で細胞の材料になって働くことができますが、シトルリンは、そのままでは身体の中で働くことはできません。
ただ、アルギニンそのものを摂取するより、シトルリンから変換されたアルギニンのほうが身体の吸収率がよく、この点でもマカとシトルリンは一緒に摂取するほうが効果が生まれやすいといえるでしょう。

身体の中で使われなかったアルギニンは、尿素回路の中で、再びシトルリンに変わります。
このサイクルはアルギニンが無くなるまで繰り返されます。
そのたびに一酸化炭素が作り出されます。
このように、マカとシトルリンを一緒に摂取することで相乗効果を期待することができます。

しかし、多く摂取してもその効果が上がることはなく、一定の量までしか有効に働くことはありません。
そして、医薬品ではなく、効果には個人差があります。

トップに戻る